今週号のan・anがおもしろい。

題して、間違いのないチョイス、したいよね「男を見る目をことこん磨く!」

Anan_0907_2

ジャニーズブロックで山下智久くんが意味不明な感じに・・・。

男を見る目として、

●チェックリストで見えてくる、間違いのない男選びの最新基準
●今さえ良ければいいのは近視、将来性重視の遠視・・・。男を見る目を視力検査でジャッジ。
●良さも悩みもそれぞれです。草食と肉食、どっちと恋する?
●見た目も会話も全てがヒント。初デートで相手を丸ごと大解剖!
●「探す」より「育てる」ほうがラク?いい男は自力で育成すべし!
●要求ハードルが高すぎると危険!?"男を見る目"の緊急修正講座

と、様々な切り口から特集が組まれています。コピーライティング含め、さすがこの辺りうまいよなあ。

ここでは、見た目も会話も全てがヒント。初デートで相手を丸ごと大解剖!の「2時間あれば観察できるチェックポイント25」を紹介します。

Anan02_0907

●メール
□ 待ち合わせの時間や店のジャンルなどを、わかりやすく伝えてくれる
□ 昼休みなどの空き時間に送ってくる
□ 文章がシンプルで、スクロールしないで済む量

●服装・持ち物
(持ち物)
□ 財布が無意味なカードで膨らんでいたりしない
□ 手帳や財布がいい感じに使い込まれている
□ これみよがしではないが、年齢相応のいい時計をしている
□ ビニール傘でない、高級感のある傘を持っている
(服装)
□ ぱっと見で「似合う」という印象を与える
□ サイズが合っている

●話題
□ さりげなく時事ネタを話せる
□ 長い付き合いのある友達が、話題に上る
□ 親や兄弟についてオープンに話す
□ 熱く語れる得意分野を持っている
□ 仕事の話をしだすと止まらない

●仕草・表情
□ 合った瞬間、嬉しそうな表情を見せる
□ 大げさなリアクションはしないけれど、的確に相槌を打つ
□ どこかにぎこちなさがある

●タイムマネジメント
□ 待ち合わせ場所に早めに着いている
□ 22時半か23時には解散
□ 移動時間を正確に読める

●コミュニケーション
□ お店の人と楽しい雑談ができる
□ 動物や子どもと仲良くなれる

●食事の場で
□ 自分の食べたいものがはっきりしている
□ ドアを押さえてくれる。あるいはメニューを先に渡してくれる
□ 携帯を鞄の中にしまっている

ですって。こんな目でチェックされたら全敗間違いなし!(笑

しかし、世の中にはこれをしっかり暗記して(もしくは手帳とかにメモして)本当にチェックする女の子とかいるんだろうなあ・・・(怖

さて、そんな今週号のan・anの中で気になったのはもうひとつ。

こんな時代は「強気で生きる女」が勝つ。というコピーのan・an特別編集号、Age(アージュ)

Age_0907

コピーがすごい。ちょっと長いけど引用。

混雑する通勤電車を降りて
ヒールを履いた足で歩く。
いつも考えることがある、
私は強い女なのだろうか?
働くことの必然性は、
言われなくてもわかっている。
男に寄りかかる人生は、
過去の時代のファンタジー。
服や靴やバッグは、
自分で稼いで手に入れたから
気分よく身につけられる。
シャンパンだって、
自分のために浴びるほど飲む。
"癒し"も"デトックス"も
正直、もう、たくさんだ。
今の私に必要なのは、
パワーチャージ=RETOX。
明日また立ち上がって、
闘い抜いていくための
力を蓄えなくてはならない。
だから、今日の私に、誓う。
"強気で生きる"ということを。
自力で登った高みからなら、
最高に輝かしい景色を
見ることができるはずだから。
その恍惚感(エクスタシー)を、
誰にも譲ることはできない。

そんな女たちのための新しい雑誌です。

と。

いやすごい。ちょっとベタですが、アラフォー向け戦う女性のための賛歌のようです。

明日は大阪なので、早速新幹線車中でチェックしてみましょうかね。

ということで男子諸君、25か条、ご留意を(笑

コメント

  • 面白いですね。
    今月のマリクレールでは、女性の”ひとり狩り”が推奨されてました(笑)!バブルに近い世代は強いですね。
    http://www.hfm.co.jp/product/marieclaire/magazine/0908
    逆に、最近読みかじってる
    「エコ恋愛(エコラブ)」婚の時代
    は真逆の話で面白いです。最近の若者ったら。。。。

    2009年7月6日13:16 | なかじま

  • ネタいただきました(笑)
    プランナーさん含め、ほんとに呑みいきたいですわ^^

    2009年7月8日23:27 | 殿塚朝美

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=131