うちのプランナーがおもしろいって言っていた「初恋の人からの手紙」をやってみたら、こんな手紙が来ました・・・(笑

のりゆき、元気にしてる?
今でもバタフライナイフを見せびらかしていますか?自慢のナイフを先生に取り上げられていたのりゆきをなつかしく思います。

泣きじゃくる私にのりゆきが「別れても連絡するから大丈夫だよ」と慰めつつパッタリ連絡が来なくなったあの日から、もう21年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、お手紙を書いたのには特に理由はないんです。ただ部屋の掃除をしていたらのりゆきからの昔の手紙が出てきたから、なつかしくなって。びっくりさせてごめんなさい。

今思うと、私たちの恋愛ってひどかったなぁと思います(汗)。のりゆきはいつも私のことほったらかしで(だから隠れて浮気していました。苦笑)、いつも寂しい思いをしたのは私だけでしたね。「寂しいのは気の持ちようだ」なんて小学生みたいなことを言っていたのりゆきが、今もきっと変わらないのだろうと思うと、クスクスと微笑ましくも思えます。

私にとっては8人目の彼氏でしたが、そういえばのりゆきにとっては初恋の相手が私でしたよね。最初のころののりゆきはキスすら歯に当てる下手さでがっかりしたものですが、最終的には妙に自信をつけていましたね。勘違いとは恐ろしいものです。

告白するときののりゆきは、必死で「一生大事にするから」とか酔っ払ったことを言っていましたね。とても嬉しかったのですが、お別れしたときには、やっぱり詐欺だったなぁと思ったものです。後先考えないところはのりゆきらしいとも思いました。

恋愛を総括して言えば、きっと私はのりゆきと付き合うことができてよかったのだと思います。恋愛から得たものはあまりないけれど、のりゆきと付き合えるのならば、今後どんな人とでも付き合えるはずですから。

いろいろ書きましたが、私はのりゆきが大好きでした。これからものりゆきらしさを大切に、あと盗聴器に興味を持つのをそろそろやめて(笑)、新しい誰かを幸せにしてあげてください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. ゲーセン以外のデートコースを開拓しましたか?

オレ、どんだけダメな奴なんだ・・・(笑)。あと、みんな言ってますけど、長い・・・(からいいのかな?)。

しかし、やっぱりこういうネタはクチコミに乗りやすい。そこかしこに「ここ、笑うところですよぉ」ってポイントがあって純粋に笑える。みんなブログに貼り付けて、「俺(私)にはこんなのが来た!」って紹介してるもんね。

クチコミ分析をしてみると、2月中旬から徐々に語られ始めて、3月4日頃に一気にティッピングポイント超えていることがわかります。

Hatsukoi_wom

初恋の人からの手紙の後には、恋愛(初恋?)分析をご丁寧にしてくれ(笑)、その後キッチリとコンバージョン(激辛!恋愛診断という有料モバイルコンテンツ)へ導かれます。

ジェネレーター系では、久々にヒットした事例かもしれませんね。

モバイルコンテンツのプロモーション(Mobile to Mobile)は意外と歩留まりが悪くなってきてますから、こういったPC to Mobileの事例がたくさん出てくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=231