一部の方はすでにご存知かと思いますが、3月15日にソーシャルメディアマーケティングの現場が物語でわかる新感覚(?)ビジネス小説 『ソーシャルメディアマーケター美咲 - 新人担当者 美咲の仕事帳』(池田紀行著・翔泳社)が出版されます!

<本書の概要:Amazonより>

ストーリーでわかるソーシャルメディアマーケティングの現場!
「駆け出しソーシャルメディアマーケター美咲、誕生!」までの悪戦苦闘の1年!

遠藤美咲は、27歳の天秤座女子。メーカーの営業部からインタラクティブエージェンシー(ネット専業代理店)に転職したばかり。配属先は、なんとソーシャルメディアマーケティングの専任チーム。最初に直面したのは、広告主やその社内に蔓延する「手段の目的化(ツイッターやフェイスブックを使って何かやりたい病)」だった。ソーシャルメディアマーケティングは、コミュニケーションゴールを達成する「手段」であり、「目的」ではないはずだ。わからないことだらけの中、美咲の日々の奮闘が始まる!

—————————

ちょうど一年前の2010年4月10日に、『キズナのマーケティング』(アスキー新書)を出版しました。本書の中で「ソーシャルメディアマーケティングは魔法の杖ではない」と繰り返し繰り返し述べましたが、あれから一年が経った今も、企業の現場ではソーシャルメディアはまだまだ魔法の杖として認識されています。

ツイッターブームと昨今のFacebookの盛り上がりもあり、ソーシャルメディア(マーケティング)に興味を持つ方や取り組みを開始する企業の裾野もどんどん広がっています。私のブログやツイッターをフォローしてくださっている方々はソーシャルメディアに詳しい人たちばかりですが、世の中一般的にはまだまだ啓蒙が必要な時期だと感じています。

ソーシャルメディアマーケター美咲』は、あえてビジネス小説という形式を取り、物語の中でソーシャルメディア(マーケティング)の現場や特徴がわかるようにしています。通常のノウハウ本と比べると入れ込める情報量は1/10以下になりますが、「そうそう、あるよね、こういうシチュエーション!」というストーリーの中で展開した方が、SMMの現場で起こっていることや特徴をよりご理解頂けると考えました。

SlideShareにプロモーション用のスライドをアップしてみました。合わせてどうぞ!

また、3月7日(本日)から翔泳社のページで立ち読みが開始されました。ぜひこちらで中を覗いてみてください。

ちなみに、美咲もツイッターを始めています。 @endomisaki 誰が更新しているのかは秘密ですw

発売は3月15日(火)です。来週からいろんなキャンペーンが始まりますので、またブログで告知させて頂きます。皆さん、ぜひ書店で手にとってみてくださいね!

※Amazonでのご予約はこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=2389