靴下メーカーの岡本(今年60周年らしい)が、昨日、第3回「足クサ川柳」グランプリを発表しています。

Ashikusa

いいですね。こういうの好きです。

なんでも、12,587句の応募があったようです(ちなみに、昨年は8,960句)。盛り上がってきているようです(笑

今年の受賞作品をご紹介すると・・・

●グランプリ
「草野球 スパイク脱いだら くさや級」

●準グランプリ
「足元の ハイハイわが子 急に立つ」
オレの靴 嗅いで喜ぶ ポチいとし

●岡本賞
ときめいた 貴方のにおい 今めまい
「罰ゲーム オレの靴下 大活躍」
「『お帰り』と 笑顔で妻は 窓全開」
「クサすぎる 愛の言葉と 彼の足」
「妻叫ぶ 息子8歳 お前もか!」
「パンツ2枚 靴下6足 2泊だぞ!」
「悩殺の つもりが秒殺 姉の足」

※イケダが好きなのは、上記太字の2つ。

みんな、頑張って考えてますね(笑)。きっと、みなさん結構な時間、応募する川柳について思いをめぐらせていたはず。その時間は、完全に「足クサ」がジブンゴトになっているわけです(自分の足がクサいかどうかは別として)。

で、その向こう側に岡本がいる・・・。スバラシイじゃないですか。これもひとつのCommunitainment(←この言葉、ブログのタイトルのくせに、久しぶりに使った)。

※Communitainment = Communication + Entertainmentの造語

さらにサイトを見てみると、ブログ形式で「今日もガンバレ!足クサ男」なる連載までやっているじゃありませんか。ドメインも、http://ashikusa.jp です(笑

60周年という歴史ある企業。さらに靴下メーカーという(きっと厳格な役員陣で形成されているであろう)上層部のハンコを取り付けた現場のご担当者に拍手。

※もし社長もしくは部長の頭が柔らかくてこういう企画を考えていらっしゃった場合、誤解していてすみませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=239