本日、宣伝会議SIMC2011のセッション「ソーシャルメディア効果測定 “ツイッターやフェイスブックで何かやろう” が失敗する理由」セッション及び弊社ブースにお立ち寄り頂いた皆さま、ありがとうございました!(柄にも無くかなり緊張しちゃいました、笑)

200人定員の会場に300人近い方がご出席頂いたようです。ハンドアウト資料が足りなくて配布できなかった方、美咲本が品切れでお渡しできなかった方、後日担当が送付させて頂きますので、しばらくお待ちください。

講演後、本日の宣伝会議SIMCのハッシュタグ #simc2011 を追っていると、講演資料をデータで欲しい、という意見が散見されたので、SlideShareに公開しました。下記からPDFでダウンロードできます。

わからなかったところやご質問などがあれば、お気軽にこちら(のあまり人気のない私のFacebookページ)からご連絡ください。できる限り回答させて頂きます。

では、NO MORE 手段の目的化!ということで、皆さん、解決したいマーケティング課題に応じてS/Mを活用する・しない、する場合は何を「マーケティング目的(KGI)」に設定するのか。

「測定のための測定」の罠にはまらず、測定⇒評価⇒改善(最適化)を目的とした効果測定を実施。そしてKPIだけじゃなくKGIをしっかりと測定し、KPIとの関連性を検証する。

SMM効果測定は(世界的にも)いままさに試行錯誤が繰り返されている「成功の方程式」ができていない領域です。みんなで知恵を絞り合って、企業の「現場」で使えるひとつの定型的な方法論を確立してまいりましょう。

宜しくお願い致します☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=2551