年末に奥さんの実家である小樽に帰郷して奥さんはそのまま小樽で年越しをしたため、年末年始は久しぶりに一人っきりww

この機会に、いつもは読めない類の本をたくさん読んで、最近ぜんぜん見れてないDVDをたっぷり観よう!と年末に意気込んでTSUTAYAへ。

結局、年末年始でDVD10本。その反動でほとんど読書ができなかった・・・。下記、観たもの。

●ALWAYS 続・三丁目の夕日
Always_zoku

ノスタルジックな世界観、相変わらず良かったです(前作のときはこんなレビューを書いていた)。人生の成功=幸せな人生、家族観・恋愛観・結婚観、ご近所付き合い(地域コミュニティ)などなど、古き良き時代を感じつつ、いま当時の価値観や風習に学び直すことが多いようにも感じますねぇ。それにしても、ようやく吉岡秀隆が「北の国から」の純君に見えなくなってきた。(白戸家の)ダンテ・カーヴァーが「おにいちゃん」イメージを払拭するのにも同じくらい時間がかかりそうな気がする。

●ボーン・アルティメイタム
Bourne

やっぱいいすね、マット・デイモン。ストーリーとしてはCIAに創られた無敵の殺人マシーン、ジェイソン・ボーンが失われた記憶を取り戻しながら復習に挑む的よくあるストーリーなんですが、スッキリ爽快なストーリー展開が年の瀬に◎でした。

●アイ・アム・レジェンド
Iamlegend

ずっと観たかった作品。世界で唯一の生存者になってしまったウィル・スミスが苦悩しながら自らと人類の復活に挑むストーリー。中盤から後半にかけてリアルに怖くて、ひとり涙目になってました。良作です。

●ラスベガスをぶっつぶせ
Lasvegas

MIT(マサチューセッツ工科大学)の天才学生たちがカウントと言われる技術を使ってブラックジャックで儲けまくるストーリー。人間模様やどんでん返しなど、ザッツ・ハリウッド映画ってな感じで、こちらも年の瀬に◎でした。思考停止したいときとかにオススメです。

●少林少女
Shourin_shoujo

邦画は、結構「意識的に」観ないといつのまにか観てないタイトルがどんどん増える。仕事がら「知ってる」映画は多いけど、やっぱできる限り実際に観ないとね。ということで(?)半ば仕事として観てみた感想としては、「DVDレンタルで観るなら面白い」けど、1,800円払って映画館で観るか(もしくはセルDVD買うか)って言ったらちょっとキツイかなぁと。柴咲コウ演じる凛の演技とか、思いのほか良かったけどね。あと、知らなかったんだけど、この映画はオフィシャルサイトじゃなくてオフィシャルブログ形式でプロモーションしてたんだね。映画のプロモーションは正直マンネリ感を極めています。試写会へのブロガー招聘イベントやブログパーツ以外でやれることってもっとあるかもしれない。2009年、映画業界も新しいチャレンジが必要かもしれません。

●アメリカン・ギャングスター
American_gangster

イケダの大好きなラッセル・クロウとデンゼル・ワシントンの競演作です。相変わらずいい味出してます、二人とも。舞台は1960年~70年代のアメリカ(ハーレム)。ベトナム戦争、ドラッグなど混沌とした時代に生きる刑事(ラッセル・クロウ)とギャングのボス(デンゼル・ワシントン)。思ったほどガンアクションじゃなくてヒューマンストーリーの展開がまた良かった。実話ってのがまたズッシリ来ます。観るべし。

●ジャンパー
Jumper

観よう観ようと思いつつ、結局時間が経ってしまった・・・ということでようやく。当時、ネット上のプロモーションもかなり力入れてやってましたよね。テレポーテーションするストーリーにちなんで、ブログごとにジャンプするようなブログパーツがあったような、なかったような。で、肝心のストーリーは、終わった瞬間、「え?まじで?なんだよこれー。うがー」みたいな感じ。詳しくは観て頂いてご自身でご判断を・・・。

●紀元前1万年
Kigenzen

何かのDVDの予告編で観た記憶があって、借りてみた。刺さったのは、インデペンデンス・デイとデイ・アフター・トゥモローのローランド・エメリッヒ監督作ってコピー。なのに、内容ときたらもう・・・(ヤフーのレビュー)。ジャンパーに続いて二連敗でした。

●リアル鬼ごっこ
Real_onigokko

映画公開前にプロモーションに係る話があって、ずっと作品自体は知ってたんですが、これも長い間放置したまま時間が経ってしまった。ストーリーは、日本で一番多い苗字の「佐藤さん」を見つけ次第、処刑する、というバトル・ロワイヤル的なストーリー。内容は・・・まぁ可もなく不可もなくといった感じかと・・・。うー、10連発の後半がちょっときつかったなぁ。

●あげくのはて
東京ヌードルなどを手がける和田宗衛門さんから直々に頂いたもの。ありがとうございました!&感想が遅れてすみません!内容は、食べかけの寿司を残して姿を消した友人のありかを探る3人のヒューマンサスペンス(コメディ?笑)。和田さんらしくシュールな展開です。予告編がYouTubeにあった。これって一般の人が入手するためにはどうしたらいいんだろうか。


以上、年末年始に見たDVD10連発。さすがにちょっとやりすぎたかな・・・。

前の記事

次の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=315