年の瀬の激務&忘年会ドピークで継続的に体調悪し、ということでブログ更新をすっかりさぼっておりました。すいません。


アドマンが何かを発信していることはRSSリーダーをチラ見して気づいていたんですが、ちょっと遠いところへ行っておりました(笑

さて、タイトルの「ブロガーが選ぶ、2008年度ウェブキャンペーンベスト5」バトンですが、さっき風呂につかりながら「何だろうなぁ・・・」と回想しても、思いつくのは自社で手がけたものばかり(超手前味噌・・・)

きっと、今年は自分(自社)のことで精一杯だったのかもしれない。ということで、半ばやけくそ、全く趣旨を無視して、超個人的に印象に残ったプロモーション(全部自社案件&後半に番外編)をまとめちゃいます。

①「100チアガール」キャンペーン
100cheergirl

●理由
制作期間が激短くて死にそうでしたが、クライアント様の暖かい叱咤激励と、TYO-IDさんとの毎晩文化祭前夜の盛り上がりで走り抜けた感じの案件です。おかげさまで総動画視聴数も3ヶ月間で約120万回と話題化させることができました。荒削りなところもあったと思いますが、文字通り、元気一杯のキャンペーンだったと思います。

●サイト
プロモーション期間終了のため、すでにクローズしています。

●当時のブログエントリー
http://www.tribalmarketinglab.jp/communitainment/2008/02/100-f07b.html

②「ドットライナーラベルメモ」ローンチプロモーション
Zenmen

●理由
文具品という特性上、どうやったら新商品の「ふせん」が持つUSPを伝えることができるんだろう、、、と相当頭を悩ませた案件。あっちこっちグルグル回ったけど、大阪の急先鋒、AID-DCCさんの力も借りながら、最終的にはとってもコンテンツパワーの高いプロモーションにすることができました。生みの苦しみを最も体感した案件かも(まぁ全案件そうですけど)。でも、売上も好調だったみたいですし、そんな苦労も吹っ飛びました。

●サイト
プロモーション期間は終了してますが、こちらでご覧頂けます。

●当時のブログエントリー
http://www.tribalmarketinglab.jp/communitainment/2008/02/post-4c80.html

③究極のランジェリー開発プロジェクト
Kyukyoku_top

●理由
うちでご支援させて頂いている案件の中でもほぼ最長期間のプロジェクト。モバイルだけで延べ64,000人の女の子に参加してもらえた。仮説づくり、ニーズ構造化、コンセプト受容性テスト、カラー、デザイン、素材、コピー(ワーディング)の調査から、モバイルSNSの活性化やモデルオーディションに至るまで、1年以上にわたって、商品化からダイレクトマーケティングまで一貫してご支援させて頂いた。その分、苦労も多かったけど、「聖夜(クリスマス)に彼氏をメロメロにする!」、「女の子の、女の子による、女の子のための究極のランジェリーをつくる!」というゴールが、まさに今日(聖夜)、全国津々浦々で執り行われたのかと思うと、胸が熱くなります(笑)。

●サイト
http://www.amostyle.com/kyukyoku/info.html?cid=ca20080207_kyuinfo

●当時のブログエントリー
http://www.tribalmarketinglab.jp/communitainment/2007/11/amos_style_f5e7.html
http://www.tribalmarketinglab.jp/communitainment/2008/10/amos-style-4885.html

④「グリコBOMBA」ローンチプロモーション
Glico_bomba_1

●理由
もうこれは完全に私的な感想ですが、とにかく本当にいろんな人に助けてもらいながら完遂したプロモーションでした。まぁここでは書けないことも多いですが、D広Tさんや太陽企画さんの強力なバックアップのもと、ミスマガジンを起用したキュートで元気なプロモーションにすることができました。Web-CMとか、もうほとんどTV-CMのレベルです。あ、あと時報ブログパーツ、結構ウケてます。

●サイト
http://www.glico.co.jp/bomba/index.htm
※もしかしたら今年いっぱいかも。お早めに!(笑

●当時のブログエントリー
http://www.tribalmarketinglab.jp/communitainment/2008/09/bomba-a4e9.html

⑤Sony Music「こいうた100」キャンペーン
Koiuta_top

●理由
今年の最後を飾るにふさわしい「こいうた100」キャンペーン。だいぶ成熟化してきた着うたフルのD/Lを増進させるべく、「恋」と「歌詞」に注目。多くの歌には恋の思い出がある、ということで、「こいうた」を100曲セレクト。曲を検索するキャンペーンサイトをつくるのではなく、100個(100人?)の思い出に浸れる、そんな強い共感性を獲得するサイトづくりを目指しました。おかげさまで、シーディングが一服した後も、クチコミでトラフィックが殺到している模様です。

●サイト
http://www.koiuta100.jp/

●当時のブログエントリー
http://www.tribalmarketinglab.jp/communitainment/2008/11/post-b491.html

⑥番外編
その他、今年で好きだったキャンペーンは、AXEのウェイクアップモーニングキャンペーン、高橋酒造のしりとりんぐ、連合のbooing.jpとかがお気に入りでした(こういうの年末にやると、だいたいラスト数ヶ月のキャンペーンに寄っちゃうんだよね・・・典型的な期末効果だ、笑)。いずれにせよ、個人的な志向がだいぶ「共感性」にシフトしてきていることを感じるなぁ。

来年はどんなステキなキャンペーンが飛び出すんでしょう。楽しみですね。

ということで、バトンということなので、下記3名に振りたいと思います。

hiniclipさん(忙しいとこすんません)
TRIBAL MARKETING LAB.(身内かよ!)
コミュニケーションゼンブノセ(身内かよ!)

以上!あー疲れた。アドマンめ・・・

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=323