一昨年、このブログでトライバルメディアハウスの独身王子によるソーシャル婚活エントリーをアップ(昭和生まれ最後の出物物件としてご紹介)したところ、多数のお引き合いを頂戴し、(当時)めでたく成約(お付き合い開始)に至ることができました。これもひとえにTwitterユーザーである皆さまの愛あふれるRT協力の賜物でございます。ありがとうございました。

ということで、「婚活」を「恋活」に改め、このたび(しばらく温めてきた)トライバルメディアハウスのお勧め物件を2件(2人)ご紹介させて頂きます。

下記スペック情報をご覧いただき、体に電流が走った方、もしくはピピピッと運命を感じた方、ないしは脳内にキュンキュンキューン!という音が鳴り響いた方は、記事巻末にありますエントリーフォームへお進みください。Facebookのお友達から始めるもよし、軽めにランチをして周波数を確かめるもよし、とりあえず飲み行っちゃおうぜ!とお酒の力を借りて交流を深めるもよしです。では早速エントリーNo.2 秋元良範のご紹介です!


     +     +     +     


■ TMHソーシャル恋活エントリーNo.2 秋元良範 ■

(基本情報:本人より)

● 氏名:秋元 良範(アキモトヨシノリ)
● 1985年11月28日の射手座、東京都生まれ、横浜育ち
● 現在26歳(♂)独身
● 血液型:O 型
● 2人兄弟の次男(兄がいます)
● 身長:170cm、体重62kg
● 住まい:横浜の東白楽
● 趣味:スノーボード(暦6年)・インテリア
● 特技:収納技術(友人の整理を手伝うと友人のご両親からも絶賛される腕前)
● 好きな食べ物:お米とお味噌汁(特にわかめと豆腐)。基本、薄味。
● 料理:茹でる事と炒めることは可
● 喫煙:する
● お酒:飲みます(緑茶ハイを薄めで・・・orz)お酒が飲めないと嫌という方は私が飲めるようになるまでしばしお待ちを・・・
● 定番デートコース:日本大通で待ち合わせ→歴史的な建造物を見ながらほのぼのと散歩→疲れたらオープンテラスのカフェで休憩→元町中華街でディナーをした後に港の見える丘公園か大さん橋で夜景を堪能して帰宅
● 冬のデートコース:車で迎えに行き、群馬県の沼田にある川場スノーパークへ。雪遊びをした後に雪見風呂に入り、体を休めた後にご当地名物を食べて帰宅
● 好きな女性のタイプ:気が利く女性
● お付き合いの特典:頑張って炒飯をつくります

●Facebook
facebook.com/yoshiakimoto


     +     +     +     


もっと写真が見たいですよね。ということで、いくつか厳選カットをば。

● デートのときの待ち合わせはこんな感じ(画像はイメージです)

● おすまし顔のつもりが口元がニヤけてしまうお茶目な奴です

● 雪山が大好き。スノボーなら手とり足とり優しく教えてもらえます

● 君の笑顔に僕はもうクラクラだよ!バタッ(画像はイメージです)


     +     +     +     


● 池田からのお勧めコメント
いかがだったでしょうか。秋元は「明るく楽しく元気よく!」を地で体現しているような奴で、トライバルメディアハウスの中でもトップクラスの愛されキャラです。

そんな彼の特技は空回り。

自転車のチェーンが外れているのに、競輪選手並みの速度でペダルをこぎ続けるその姿は、あなたの恋心をわしづかみすること間違いありません。

しかしその空回りこそが彼の最大の魅力なのです。デートでも、あなたの笑顔を見るために、とにかく一生懸命ペダルをこいでくれる(楽しい話をしてくれる)ことでしょう。

また、秋元はムードメーカーでもあります。社内会議から飲み会まで、秋元がいるかいないかで場の雰囲気が大きく変わります(もちろん良い意味で)。

そんな彼の魅力を、ぜひ実際に会って確かめてみてください。彼の毛穴から出るハッピーオーラを体感できると思いますよ。

秋元良範との間に赤い糸を感じたあなたは、こちらのエントリーフォームから「秋元」にチェックを入れ、送信してください。追って本人よりご連絡させて頂きます。
↓  ↓  ↓

エントリーフォームはこちら!


なお、本物件は生ものであるため、先着&両者合意を以って恋活終了となりますこと、予めご了承ください。

あなたからのご連絡、心からお待ちしています!

※恋活成就のため、皆さまの愛あふれるRT / Shareをお願い致します!

———-

残念ながらキュンキュンこなかった方は、もうひとつの物件をご覧ください。

TMHソーシャル恋活:エントリーNo.1 植原正太郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=3367