あえてタイトルを「vs」にしてみましたよ。

そりゃね「どっちか」じゃないですよ。
「どっちが良い」という話は乱暴かもしれないし、「どっちも」かもしれない。

でも、あえて「vs」。
じゃないと論点が曖昧になるからです。

さて、まず「人生の成功」から。

Amazonで「人生 成功」と検索すると、こんなにたくさんの本が出てきます。

僕もいままでたくさん読んできました。特に20代のとき。
これ系はセミナーも情報商材も本当にたくさんある。

「成功の定義」はいろいろあれど、まとめると「仕事上の地位」「名誉」「お金」ですよね。

他の人と比べて勝ったぞ!

と。

相対的な価値観。

一方の「幸せな人生」

Amazonで「人生 幸せ」「人生 幸福」と検索すると、「人生の成功」よりも少ない。

「幸福な人生」もいろいろあれど、まとめると「バランス(地位や名誉やお金だけじゃない)」、「家族」「友人」「趣味」「自分らしさ」などが多い気がします。

私は幸せだ!

と。

絶対的な価値観や解釈。

あなたの人生の目的はなんですか?

という問いがあったとき、あなたは「成功すること!」と答えるでしょうか。それとも「幸せになること!」と答えるでしょうか。

もちろん、「成功して幸せになること」が一番良いわけですが、ここで取り上げたいのは、下記の左上か右下だったらどっち?ということ。

あなたの周りに、「確かに世の中的には成功をおさめているけど、決して幸せそうには思えない」という人、いますか? 

余計なお世話だし、幸せというのは他人が測るものじゃなく自分が感じることだから、本当のところ、そんなことはわからないんだけど、飲むと本人が漏らすこともありますよね。「不幸だ」「辛い」「ぜんぜん幸せじゃないよ」など。

一方、世の中的な成功度(地位や名誉やお金)は普通でも、とっても幸せそうな人がたくさんいます。勤めている企業のブランドや規模、お給料、持ち家の有無、自家用車の有無などにかかわらず、幸せそう。家族や友人に囲まれ、仕事も趣味も全力もしくは等身大で楽しんでいる人。

そんな人たちを見ていると、いよいよ、いままでの生き方や価値観は大きな転換期にきているなぁと。

良い大学入って、大きな会社に入って、死ぬほど仕事して、できる限り昇進して、お給料上げて、できる限り高級なモノを所有し、消費する。それが人生の目的であり、成功であり、勝利。そんな人生に「幸福さ」を感じなくなってきている人が多くなってきているし、たぶんこれからそちらの人がマジョリティになるんだろうなと。

成功するために頑張る。でも、幸せじゃなかったらもともこもない。

成功は、幸せな人生の手段であって目的じゃない。

目的は幸せになることだから、仮にどちらか選べと言われたら、迷うことなく幸せを選ぶ。でも、地位も名誉もお金も大事だから、幸せが担保された上で、できる限りの成功も目指す。

そんな

SuccessよりもHappyがいい。

派の出現と隆盛を感じながら、さて仕事、仕事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL : http://www.ikedanoriyuki.jp/wp-trackback.php?p=6013