2017.12.22
お知らせ

45歳のあなたに。一緒に「#いつか撲滅運動」始めませんか!?

  • Twitter

  • Facebook

  • はてなブックマーク

 

どうも、僕です。

「いつかやってみたい」って思ったまま、何年も経っちゃってた――! なんてこと、よくありますよね。実は僕もそうでした!

でもですね、人生一回きりなのです。「いつか、いつか……」なんて言っていたら、そのうち死んじゃいます。

年末に口にする「いやー、今年もあっという間だったわー!」という一言。

そうなんです、一年なんて、過ぎてしまえば、あっという間なんです。でも、来月45歳になる僕にとってみると、このセリフ、あと35回くらい言ったら死んじゃうんですよね。寿命で。

34歳でトライバルを立ち上げて、それから寝る間も惜しんで仕事をしました。でも、40歳を過ぎたとき、「あ、いま俺はフルマラソンの折り返し地点を回ったんだな」って強い恐怖感のようなものを感じたんです。仮に健康寿命が80年だとしたら、これからは毎日一日ずつ「死」に近づいていくんだなって。

 

いつか、いつか、のオンパレード!

それがキッカケで、自分の人生を見つめ直してみたんです。そうしたら……。

・いつかサーフィンを始めたい
・いつかワーゲンバスに乗ってみたい
・いつかキャンプを始めたい
・いつか船舶免許を取得したい
・いつか本格的なカレーづくりに凝ってみたい
・いつか登山を始めたい
・いつかVespaが欲しい
・いつかDIYに凝ってみたい
・いつか湘南に移住したい
・いつか湘南でビアパブを始めたい
・いつか釣りを始めたい
・いつか魚が三枚におろせるようになりたい
・いつかコーヒーに凝ってみたい………

なんだこの「いつか」だらけの人生は!Σ(゚д゚)

しかも、大半の「いつか」は10年以上前から「いつか」にノミネートされている年代モノ。「いつか時間ができたら」「いつか仕事が落ち着いたら」「いつか金銭的に余裕ができたら」……と、ずーっと最初の一歩を踏み出すことを先延ばしにしてきていたんです。30歳のときは「40歳までには」と言い、40歳になったら「50歳までには必ず」と言っている。

こりゃ、このままだと何も叶わず死ぬな、と(笑)

 

いつか撲滅運動 始めるぞ!

 

さすがにこれはマズイ、ということで、すぐにエクセルで「いつかリスト」をつくり、「いつか撲滅運動」を始めました。

FacebookInstagramでつながっている方々はすでによくご存知だと思いますが、2014年5月(当時41歳)から始めた僕の「いつか撲滅運動」の歴史がこちらです。

 

2014年5月:サーフィンを始める


俺の海、的な(笑)

 

2014年10月:ワーゲンバスを買う


見るだけだったはずが…

▷関連記事:人生の夢だったワーゲンバスを買ったら自分のアイデンティティを超えて「人生そのもの」になっちゃった!
▷関連リンク:SUNWIN EAST

 

2014年11月:キャンプを始める


キャンプデビューの日。ここから月イチのキャンプライフが始まりました

 

2015年2月:2級小型船舶操縦士免許を取得する


ヤマハ発動機さんとの仕事がご縁でボート免許も取得!

▷関連記事:生きる活力が欲しいならボートに乗れ!

 

2015年3月:ナポリタンづくりにハマる


ナポリタンには本当に自信があるのです!

 

2015年5月:新島サーフトリップへ出かける


見よ!このへっぴり腰(笑)

 

2015年12月:海街diaryが好きすぎて鎌倉への移住を決意する


まじでみんな海街diary観てください

▷関連リンク:海街diary
▷関連記事:[連載]のん太の鎌倉移住録

 

2016年7月:ハワイサーフトリップへ出かける


サーファーの夢!ハワイサーフトリップが実現。最高すぎた!

 

2016年7月:逗子でSUP体験をする


春になったらマイボード買うよ!

 

2016年12月:登山を始める


2018年の目標は、紅葉シーズンの涸沢カールでテン泊すること!

▷関連記事:のん太が行く! ビックリするほど快適な山小屋登山の旅【大菩薩嶺編】

 

2016年12月:年越しソロキャンプに出かける


真冬の年越しソロキャンプ、超楽しかった!

▷関連記事:【のん太が行く!突撃・隣のおしゃれさんVol.2】人生初の年越しソロキャンプ!伝説のおしゃれキャンパーに僕もなる!

 

2017年2月~:家づくりDIYにハマる


いま一番ハマっているのがDIY!本当に楽しい!

▷関連記事:【のん太の鎌倉移住録】#10 ウッドデッキDIY編 ― DIY最大の山場がやってきた!

 

2017年3月:Vespaを購入する


ワーゲンバスに続く相棒はコイツ!

 

2017年7月:食品衛生責任者資格を取得する


春のカレー屋さん開店に向け準備万端です

 

2017年7月:鎌倉へ移住する


20代の頃から「いつか…」と言い続けていた最大の夢を実現させました!

▷関連記事:【のん太の鎌倉移住録】#09 引っ越し編 ― 憧れの湘南ライフがついにスタート!

 

2017年8月:2泊3日の四万十川カヌーツアーに出かける


「いつか超ワイルドな川下りをしたい」という夢が叶いました

▷関連リンク:四万十塾

 

To be continued…2018年4月:庭でカレー屋さんを開店予定

 

「いつか」はひとつ叶えると連鎖する!

 

サーフィンを始めたことがトリガーになって、貯まっていた(溜まっていた)「いつか」のダムが決壊して、完全にタカが外れました(笑)。「いつか」を叶えていく楽しさに目覚めたんです。

不思議なもので、たったひとつ、「いつか」を叶えると、次から最初の一歩が軽くなるんです。「そんじゃ次はこれ!」って感じで。

そしておもしろかったのが、「いつか」の実現は連鎖して行くこと。

サーフィンを始めたら、サーフィン用の車が欲しくなって、長年の夢だったワーゲンバスの購入を決意。ワーゲンバスに乗り始めたら、仲間がみんなキャンパーだから、自分も念願のキャンプを始めることに。

キャンプを始めたら、テーブルのDIYがやりたくなって大工の親父に教えを請いに行き、キャンプ飯にこだわりたくなってナポリタンづくりにもハマる。ナポリタンは極めたからと、今度はバターチキンカレーへと派生。

勢い付いてきたところで、人生最大の「いつか」だった鎌倉移住を決め、せっかくだから庭でカレー屋を開店することを決意。予算削減に迫られて本格的なDIYにもハマりました。

さらに、キャンプにハマったことをキッカケに山頂でのテン泊登山がしたくなって山登りを始め、湘南は波が無いからとSUPを始める準備も開始。そして湘南に似合う1970年代モノのVespaを購入……。

3年前まで、仕事と、たまに行くゴルフしか趣味がなかったのに! この変化に一番驚いているのは僕自身です。

▷関連記事:夢はひとつ叶えると次々叶うぞ

とまあ、こうして2014年5月から始まった僕のいつか撲滅運動は次々と進行し、いまは仕事に遊びに毎日が楽しくて楽しくて仕方がありません!

 

「いつか」を叶えるコツ、教えます

 

「いつか」の2大要因は「時間がない(仕事が忙しい)」と、「お金がない」です。でも、いつまで経っても、仕事は忙しいし、すべからく時間はないし、お金だって何かに使っちゃうんです

それは、先日Funmee!!が行った趣味調査の結果を見ても明らか。

新しく趣味を始めたい人の約70%が1年以上も始められていない「“いつか”さん」と判明!“何を趣味にしていいかわからない”という『趣味難民』は半数以上!『趣味難民』を救済するカギは友人とSNSにアリ!?

 

僕が考える「いつか」を叶えるコツは、この3つです。たったこれだけを実行すれば、「いつか」は高い確率で叶います。

1. 「いつか」を書き出すこと
2. 画像で見える化すること
3. 定期的に見続けること

順番に説明します。

 

1. 「いつか」を書き出すこと

 

頭の中って、意外と曖昧な情報が曖昧なまま仕舞われています。「時間とお金に余裕ができたら、やりたいことが山ほどあるんだ!」という人も、いざ、書き出してリスト化してみると、それほど多くないことに気づくかもしれません。

書き出す効果は、なんとなく漠然としていたものが、スッキリ整理されること。ポイントはとにかく書くことです。リアルの手帳でも、スマホのメモ帳でも何でも良いので、思いつくまま、とにかく「いつか叶えたいこと」を書き出してみてください。

そのとき、「いつかサーフィンを始めたい」という“始める”系いつかと、すでにサーフィンにはハマっていて、「いつかハワイのノースショアでサーフィンをしてみたい」という“深める系”いつかの両方が混じりますが、それはどちらでもOKです。

 

2. 画像で見える化すること

「いつか」や「夢・目標」を手帳に書き出している人は少なくありません。でも、なぜ多くの場合、それらは叶わないのでしょう? それは、テキストだけだとイメージが膨らまないからです。

書き出したリストの項目は、必ず、自分が一番ワクワクする画像を見つけることが重要です。

ちなみに、僕はキャンプを始める前、Google画像検索で見つけた2枚の写真を毎日眺めてニヤニヤしていました(笑)


出典:Google画像検索


提供:牧 幸男さん

そして、その数ヶ月後の僕の姿がこちら。

見事な再現力でしょ?(笑)

ということで、「キャンプを始めるぞ!」とテキストで手帳に書いてあるのと、画像が貼ってあるのでは、脳に働きかける刺激と、内発的動機の熟成具合に大きな差がでてきますので、必ず自分が一番ワクワクする画像を探し当ててください。

 

3. 定期的に見続けること

 

人間は忘れる生き物です。年末年始に「いつか」を書き出し、お気に入りの画像を選んで手帳に貼っても、それを見続けないと、思うような効果は得られません。

定期的に「思い出す」のではなく、「忘れないようにする」ことが大事です。引き出しの中(ハードディスク)の中に入ってしまったら最後、しばらく思い出しません。いつも(頭の)机の上(メモリー)に置いておき、常日頃から「いつか」の画像を眺めてニヤニヤし続けることがとっても重要なんです。写真を見続けているだけで、行動が変わり、「いつか」は実現します。

なんか新興宗教っぽい書き方になっちゃいましたが、信じる者は救われます(笑)

GMO社長の熊谷正寿社長は『一冊の手帳で夢は必ずかなう』という書籍を出しているし、ナポレオン・ヒルも『思考は現実化する』という書籍のなかで、「いつか」を叶えるコツを説いています。古今東西、いまも昔も、変わらないんですね。

 

いつか撲滅運動の必須ツール!

 

ということで、ここでCMです!(笑)

2016年12月に始まった、本気で遊ぶ大人の趣味マガジンFunmee!!(ファンミー)ですが、本日2017年12月22日、毎日がもっと楽しくなる趣味ログアプリFunmee!!として大幅にリニューアルをしました。

コンセプトは、忙しいオトナの「いつか」をなくし、みんなでハッピーな人生を送ること!です。

僕がこの3年間で感じた「いつかを撲滅することの素晴らしさ」を、もっと多くの人に知って欲しい。充実した休日がもたらす平日(仕事)へのポジティブフィードバックを、みんなにも感じて欲しい。

そのために、Funmee!!では、下記の機能を実装しました。

「いつか」を見つけやすくする趣味リスト(主要な84個の趣味を網羅)
Pinterestとの連携で実現したクオリティの高い趣味画像検索機能(2018年1月下旬から提供開始)
・ワンタップで登録できる「いつかボタン
・叶えたい時期を登録しておくと送られてくるリマインド機能
・楽しい思い出を記録できる自分だけの趣味日記機能
共通の興味関心を持った人とタグでゆるやかにつながれるSNS機能

 

2018年は「いつか」を叶える一年にしましょー!

 

2017年も年の瀬。そろそろ今年の振り返りと2018年の抱負を考え始める時期ですよね!ということで、Funmee!!では、アプリをダウンロードして、1つ以上の「いつか」を登録してくれた方に、「いつか支度金」としてAmazonギフト券10万円分、もしくは、その道のプロが指南してくれる10個の「いつかを叶えるFunmee!!セレクト10選」を抽選でプレゼントするキャンペーンを始めました。

Funmee!! “いつか”を叶えようキャンペーンのサイトはこちら

2018年、みんなでいつかを叶えまくって、平日も週末もワクワクする素敵な一年を過ごしましょう☆彡

PROFILE

トライバルメディアハウス 代表取締役社長 池田 紀行

トライバルメディアハウス 代表取締役社長 池田 紀行

1973年、横浜生まれ。マーケティング会社、ビジネスコンサルティングファーム、マーケティングコンサルタント、クチコミマーケティング研究所所長、バイラルマーケティング専業会社代表を経て現職。座右の銘は「飲めばわかるさ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • 株式会社トライバルメディアハウス
  • Funmee!!
ikedanoriyuki.jp